FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

植えても

今年の夏の甲子園高知代表
高知高校が1回戦で、初陣の楊志館に屈しました

OSK200708130138[1].jpg

エースは打たれ、1番はチャンスで凡退
完全な負けパターンでした
まるで、期待して植えた種が
芽を出したとたん枯れてしまったような気分


しかし実は、大会前に不吉なデータを入手した
腰ひも屋の思いは

「初戦、勝てばいいんだけどなあ」でした

gakuensenseki02.jpg

これは高知高校のセンバツ・夏を含めた最近の戦績
初戦が鬼門であることを如実に表しています
センバツを制したのが1975年のこと
(一番上ですね)
それ以後、急速に成績は下降線
1980年以降では出場もたった7回
しかも初戦突破が2回で
2回勝ったのは一度もなし


これではまるで
植えても芽すら出ないと評判の
「●崎まつり抽選券付●の種」並の確率であります
たまに当りが出るだけ抽選券のほうがましか…


選手個人・個人は頑張ったと思いますが
もう少し戦況を踏まえた上での
ベンチの指示が必要なのではなかったでしょうか?
チャンスの場面で打席に立つバッターに
明確な意図が感じられなかったのは
果たして腰ひも屋だけ…?


野球王国を呼ばれて久しい県民の期待
次こそかなえて欲しいと思います
スポンサーサイト





  1. 2007/08/13(月) 23:23:06|
  2. 辛口コラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タテジマの反撃 | ホーム | はだしの>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/963-e5f79370