FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

花火大会の裏方-1

さて今日はいよいよ須崎まつり花火大会
われわれ花火部のお仕事は、朝5時から始まります

070804j.jpg

朝もやに煙る須崎港
別名「錦浦湾」はとても静か
お天気も、ちょっと曇りながら上々かな?


070804k.jpg

朝3時に到着して仮眠を取っていた花火師さんも始動
あらかじめ組んでおいたイカダに
手際よく花火を仕掛けてゆきます


070804a.jpg

これが花火
大きさはいろいろありますが
10~15cmくらいの大きさが多いです
筒の中に火薬と導火線を仕込んだ後、これがセットされます



070804b.jpg

8時ごろになると、漁協青年部の皆さんが到着
頭にタオルを巻いた方々がそうです
海の男だけあって、声も大きく個性的な方ばかり
なかなかこちらの指示を聞いてくれず
毎年泣かされておりますが(^^;


しかし彼らの協力は、水上で行う花火大会には不可欠
また凄い力持ちで、30kgはあろうかというアンカーも
二つまとめてひょいひょい運んでしまいます
われわれにそんな芸当は出来ませんしね
彼らの接待も、花火部の重要なお仕事のひとつです


070804c.jpg

070804d.jpg

花火をセットし終えたイカダを、順次クレーンで吊り上げ
海へと降ろしてゆきます
海岸から見れば小さく見えるイカダですが
幅10m 重さ1トン以上ある代物
仕掛け花火9基+スターマイン1基
あわせて10基のイカダを下ろし終えるのに
2時間以上かかりました



070804e.jpg

海へ降ろし終え、ロープで結んだ後
こうして花火大会の行われる浜の前まで
漁船で牽引してゆきます
風が強い海上では、操船が上手くなければ難しい作業
3隻の船で上手に運んでくれました


070804g.jpg

沖に並ぶとこんな感じ
定位置にセットし終えるのに、
これまた出航してから2時間はかかりました


070804f.jpg

今度は入れ替わりに、南地区消防団の方々が到着
1年間保管してくれたイカダを引っ張ってきました
ほとんどの花火をこの上から打ち上げます
今度は海上で花火筒のセットが行われました



これも無事セットし終え
対岸にある大型台船前に移動
いよいよメインの二尺玉のセットにかかりました

070804l.jpg

セットされた打ち上げ筒
箱の中には砂利や砂が詰まっていますので
ひとつが3トン以上の重量になるでしょうか
もちろんクレーンで台船に乗せてゆきます



070804m.jpg

そしていよいよ登場
これが本物の二尺玉です
直径500mもの大輪の花を咲かせます
言い換えれば、大型爆弾並みの破壊力を誇る代物
近寄るのもおっかなびっくりでした


070804n.jpg

070804o.jpg

070804p.jpg

ひとつが70kgもありますので
これもクレーンで慎重にセットしました
このあと、台船を海上の定位置まで誘導し終えた頃には
すでに午後2時となっていました
これで花火の準備は完了
遅い昼食を終え、夕方までちょっと仮眠・・・




と思いきや






どっか~~~ん!!







ものすごい雷鳴とともに
ザンザン降りの夕立が…




花火部長M雄の、日ごろの行いの悪さに
ついに天罰が下ってしまいまったようです
すんなりいくとは思いませんでしたけどね(T_T)


はたして無事に花火大会は開催されるのか?


スポンサーサイト


  1. 2007/08/04(土) 23:33:00|
  2. プライベート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<花火大会の裏方-2 | ホーム | 第49回須崎まつり開幕!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/954-2131dfea