FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

起こるべくして

ボンバルくんがついにやっちゃいました
しかもいつも乗っている伊丹-高知での出来事
ありえないはずの胴体着陸でしたが
機長の手腕と、好条件が重なって
何とか事なきを得ました…

trouble01.jpg

遠めに映した映像ではわかりませんが
プロペラ機といえども、かなりのスピード
もし悪天候だったり、機長がへたくそだったらと思うと
ぞっとしますな


ボンバル機に不調が頻発してからというもの
飛行理論を信じない腰ひも屋
京都出張にはもっぱら、車を利用しておりました
最近ではいやでも飛行機に乗らねばならない場合
乗る飛行機がボンバルでなければほっとしたものであります


最近も不具合が頻発していたにもかかわらず
緊急のための手動(これでもかなりの事態)でうまく行ってたと
飛ばしていた全日空の体制も問題
しかし最終手段のはずの手動で
ハッチさえ開かぬとは・・・
近代技術発展の世の中では考えられぬ失態
ボンバルディア社や航空関係者の皆さんには
これでも見て猛反省してもらいたいものです

日航ジャンボ機墜落の軌跡
(約11分あります)








スポンサーサイト





  1. 2007/03/13(火) 20:16:10|
  2. 辛口コラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ああ、なさけなや | ホーム | 開幕が待ちきれません>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/809-fb76b03e