FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

勝負弱い

11月に北海道で起きた竜巻の規模が
国内では最大級のF3だったことが判明したそうです
普段は竜巻発生の少ない道東でのこと
いや怖い怖い
tatsumaki01.jpg
この竜巻のスケールを表す「F」
5段階で竜巻の大きさを示す国際基準になっていますが
ふとニュースを見ると「Fujita scale」とあります…


はてなと思い調べたところ
なんとこのスケールを考え出したのは
日本人であり、シカゴ大名誉教授の藤田教授だったそうですな
藤田教授の頭文字「F」がそのまま尺度になったわけでして
思わぬところに日本人の功績があるものです


アジア大会も終了
日本の金メダル数は、団長の掲げた目標どおりの50個でしたが…
medal07.jpg
これは各国のメダル数ベスト5
ぶっちぎりで中国が抜け出しております
日本は韓国に次いで3位
総メダル数では多いものの
金メダル数で韓国に及ばない結果となりました



どの国も銅メダルが多いのは、
3位決定戦をやらない競技などの影響で
銅の絶対数が多いため
しかしここで、気になるデータ
中国・韓国は金が銀に比べ、比較的多いのですが
日本は金に比べ、銀の多さが目立ちます


極端にいえば「勝負弱い」のでしょうね
金か銀かは、最後の最後の大勝負
それに負けるか勝つか
それを克服しないかぎり、日本のスポーツ界の発展も
歯止めがかかったままでしょう


ちなみに、金メダル数を人口比率で割ってみると
(人口100万人当たりの金メダル概数)
意外なことに順位は大幅に入れ替わり

1 カザフスタン 1.5個
2 韓国     1.2個
3 日本     0.4個
4 タイ     0.2個
5 中国     0.1個

となります
上位2国が抜けてますね



さて世間ではノロウイルスが流行っております
この日曜日に行われる、全国中学駅伝の選手にも被害が及び
高知県選手団にも影響が出ている模様
ちょっと心配ですが、まだ1日ありますので
何とか元気で走る姿をみせていただきたく思います


スポンサーサイト





  1. 2006/12/15(金) 23:21:11|
  2. 辛口コラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<進歩なし | ホーム | こんなんでいいのか?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/721-ceaa8dc0