FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

歴史の妙

須崎商工会議所発行のタウン情報誌
「ちゅーちゅー」が発行になりました

chuchu01.jpg

創刊号ということで、会議所メンバーも
企画や参加店探しに関し、試行錯誤だったとは思いますが
格安値段で掲載できたことは、店にとってまことにありがたい
そのせいか、100近い須崎のお店が掲載されています
たぶんその辺にたくさん置いてありますので
ぜひご覧になってみてください


11月15日は七五三参りの日
といっても、なかなか休みと重ならないので
みな、近くの休日を利用して参拝されているようです
おかげでうちも、今週が忙しいピーク


11月15日といえば、もうひとつ
坂本竜馬の命日であります
誕生日も同じ11月15日(通説)だそうで
先日の記事にあった、京都・高台寺に程近い山あいに
中岡慎太郎と並んで墓標が立っています

ryoumahaka-r1[1].jpg

最近になって、竜馬暗殺の黒幕は
実は薩摩藩・大久保であったとの説が有力になってきましたな


薩摩藩といえば、関ヶ原での合戦では
西軍として出兵、三成の要請にもかかわらず
戦いに参加せず、中央突破にて背走
西軍惨敗の一因になったとも言われています
結果、西軍に加担させられた土佐・長宗我部は国を追われ
「功名が辻」にもあるとおり、土佐は山内の手に


そして260年余りも虐げられた長宗我部侍が
ついに決起して明治維新の礎となり
竜馬が薩摩と長州を連合させ
大政奉還となったことは史実
そして竜馬亡き後、
土佐人はこぞって自由民権運動に参加するものの
長州・薩摩が権力を握る明治政府は軍国主義に迷走
それが太平洋戦争へと繋がってゆきます


最後に敗戦の後片付けを行ったのが、高知の吉田茂でした
こうして見ると、関ヶ原以降の歴史が
薩摩・土佐の因縁で繋がっていることがわかります
これも歴史の妙


しかし因縁ともかく、黒幕がどうであれ
どうでもよいこと
もし竜馬が難を逃れ、生きのびていたら
おそらく野に下り、大好きな船を操り
世界相手に自由奔放な商売を展開し
どんなスケールの会社を作っていたのか・・・
腰ひも屋はそんなところに歴史のロマンを感じます


スポンサーサイト





  1. 2006/11/13(月) 22:18:22|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<長続きの秘訣? | ホーム | 気持ちの強さ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/689-40fb11de