FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

ニート

WBCも終わったばかりだというのに
あわただしく、プロ野球・パ・リーグが開幕していました
いつの間にか・・・・という感がぬぐえないのは
やはりテレビ中継の少なさでしょうか
翌日の新聞で、やっと試合結果を知るような感じです

話題はWBCに出場した選手が中心ですが
もっとも注目されているのが、清原
s2005090702kiyo[1].jpg
新天地・オリックスに移籍した「無冠の帝王」も38歳
ちょっと張り切りすぎが心配ですね
とてもこの調子でシーズンを乗り切れるとは思えません
大怪我をして、即引退とならないよう気をつけて欲しいものです



平成になって現れた新語に「フリーター」というのがあります
最近では、あの人生ゲームにまで登場する立派な職業?あつかいとなりました
その後に登場したのが「ニート」
フリーターと違って、どうも暗いイメージが付きまといます

「ニート」とはNot in Employment, Education or Trainingの略だそうで
直訳すれば「職に就かず学校にも行かず、かといって職に就こうともせず」ですか

分類するとこうなるそうです
 Ⅰヤンキー型
  反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ
 Ⅱひきこもり型
  社会との関係を築けず、こもってしまうタイプ
 Ⅲ立ちすくみ型
  就職を前に考え込んでしまい、行き詰ってしまうタイプ
 Ⅳつまずき型
  いったんは就職したものの早々に辞め、自信を喪失したタイプ

Ⅰのタイプは放っておくとして・・・(救いようが無いですからね)
金がなくなれば、安易に犯罪に手を染めてしまうのがこのタイプでしょう

政府はこのニート救済?に向け、対策を講じようとしているみたいですが
果たしてどんな策を考えているのでしょう?
下手すれば税金を投入して、結果がおもわしくないなどとなりかねません
その根本にあるものをよ~~く考えていただきたいですね

まず、義務教育機関の責任
  最近の学校では「規律」を重んじる教育がなされていません
  集団で生活するために、自分のすべきこと、我慢するべきことを
  きちんと教えていただきたいと思います
  家庭内ではこの集団性に関して、なかなか子供に教えにくいんです
  職場とは集団生活
  集団に慣れていないことで、就労に難を示すことも一因なのです

次に親の責任
  ほっときゃいいんですよ 立派な成人なんですから
  どうも最近は「子離れ」出来ない親が増えちゃってます
  そのくせ、けっこう社会的には無責任で
  「自分の子供なんだからほっといて頂戴」てな具合です
 
最後に自己責任
  「働かざるもの食うべからず」などといえば、古くさ~と言われそうですが
  働かなくても食える環境から甘えが生じています
  さらに「ニート」などという社会的地位を与えていることで
  「ああ 自分だけじゃないんだ」などという安心感を与えてしまってる
  おまけに病院にいけば「そううつ」や「なんとか症候群」などという
  立派な病名までつけてもらって
  「俺は病人なんだ」と開き直ってしまう・・・


明日の飯も食えないほど追い込まれてみることですな
そうなれば自分がどれほど惨めな立場にいるかがわかり
ニートの半数以上は立ち直って「明日の飯」を求めて動き始めるかもしれません

政治家の中には「働こうともしないものをなぜ救済する必要があるのか」と
政府の方針を切り捨てた者もいたそうですが
それを極論と捉えるのではなく、ひとつの正論として
真面目に働く人の払った税金を、働こうとしない者に使う必要性を
安易ではなく、深く考えて行動していただきたいと存じます
スポンサーサイト





  1. 2006/03/27(月) 22:06:06|
  2. 辛口コラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<寒春・・・ | ホーム | がんばれバルトくん>>

コメント

日本だけかもしれないけど売買春⇒援助交際というふうに呼び方のせいで犯罪印象が薄れてしまうことがあります。ニートは犯罪ではないけど政治家が口をそろえてニートなんて呼ぶから本人達は安心してしまうのでは
ないでしょうか。これからはニートのことを【怠け者】
とか【労働放棄者】と呼ぶことにしませんか?
  1. 2006/03/31(金) 12:27:47 |
  2. URL |
  3. 非ニート #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/458-bdc92863