FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

うれしい誤算

今日も先週に続いてほぼ完全オフとなりました
こうなれば天気もいいし、遊びに行こう!ということで
チビたちを引き連れて映画を見に行ってきました
(天気関係ないですねぇ・・・^^;)

チビたちは「ハリーポッター」を主張
しかし時間も合わない上、腰ひも屋が勘弁してくれということで
見た映画は、間をとって「キングコング」となりました

しかしこの映画、
○○には甘いが、映画には厳しいロトマニア社長から
「あれは面白くなさそう」とお墨付き?をいただいた作品
あまり期待せずに行きましたが

ストーリーはもちろん初回作とほぼ同じとわかっていながら
これがけっこう楽しめました
観客も結構入ってましたね ほぼ満席状態
一応お正月映画ですので、評判を聞いて入る観客も多かったのでしょうか
時間は3時間超と長めで、少し描写や設定に無理もありましたが
期待していなかった割には上等でした

3時間も上映があると思わなかったので
帰る頃にはイオン高知もこんなかんじ
eiga01.jpg
急いで帰ったけど、晩御飯は8時を過ぎてしまいました
うれしい誤算で、なんだか得した気分の日曜日となりました


うれしい誤算がもうひとつ

今日行われた、都道府県対抗男子駅伝
先日の女子ではざっくりマン長女が快走を見せてくれましたが
なんと総合10位と、大健闘以上の超健闘
昨年、あの伝説の29人抜きを演じた大森が
直前に棄権した上での快挙であります
ほとんどの選手が地元生え抜き

1区の高校生、2区の中学生が3位!でつないで大健闘の布石を作ってくれました
やはり駅伝は最初の3区間がレースの流れを作ります
3区で大森の変わりに抜擢された東が、区間順位28位とこけなければ
あるいは初の入賞もアリかと思わせてくれました

やはりここで想像するのが「もし大森が・・・」ですね
昨年の大森の持つ区間記録は、今日の東のタイムより2分以上早い
「たられば」をあえて言えば、2位埼玉の記録に次いで3位になります

その上さらに、を追求すればキリはないですが、
最終区で、2年前に同じくろしお通信の大島健太が作った記録を当てはめてみれば
なんと優勝した長野を1分以上引き離しての優勝となります

あの時の大島は、最終7区にもかかわらず、なんと22人抜きを演じたレースでした
最後で、いちばん走者どうしが離れている区間にもかかわらず、
37位でタスキを受けた大島が、15位で帰ってきたときはたまげましたね
まさに脅威といっていい快挙でした

学力のみならず、スポーツでも後進県の高知
今日の駅伝も「大森抜きでは・・・」と期待をしていませんでしたが
まったくうれしい誤算となりました
こういうニュースが、まさに県民を元気付けてくれますし
明日のランナーをも育ててくれます
国体も含め、万年40位台からはもう卒業してください
スポンサーサイト





  1. 2006/01/22(日) 23:02:03|
  2. プライベート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<人気ありすぎ? | ホーム | 苦手>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/394-a5860ec3