FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

ストロベリー・フィールズ・フォーエバー

今日は敬愛するミュージシャンジョンレノンの命日であります
正確に言えば、日本時間の明日となりますが…
2日前からこのBLOGの壁紙ともなってもらっています
クリスマスも近づくちょうどこの時期に、
街中に彼の「Happy Christmas」が流れるのも因縁ですかね

死んじゃってから、もう25年目になりますが
四半世紀経っても、彼を慕うファンの集いは止むことを知りません
20051209-04139855-jijp-int-view-001.jpg
射殺されてしまった場所から程近いセントラルパーク
そこにある「ストロベリー・フィールズ」と呼ばれる場所
毎年この日には「IMAGINE」と記されたモニュメントに人々が集まってきます
まさにファンの聖地

晩年、世界平和を願う彼の姿がなにより印象深いのですが、
それとは別に、彼の歌には異常なほどの母親への憧れが感じられます
父や母と別居を強いられた幼少期は悲惨だったと伝えられます
「ストロベリー・フィールズ」
幼少の頃に育ったその幼稚園の名前は、
彼にとって一生忘れられなかったのでしょう

その反動か、彼は自分の子供に対して、深い愛情を注いだと聞きます
前妻との子供、ジュリアンの事はあまり知りませんが
後妻オノヨーコとの間にもうけた「ショーン」への愛情は
彼の歌にも随所に表れています
自分の子供にも「ショーン」とつけたかったのですが
なんせ当て字が…^^;
「祥運」なんてお坊さんみたいですからね
ちなみに運をとって、大をつけたのがうちの次男坊です

腰ひも屋も気がつけば、ジョンの死んだ40歳を越えてしまいました
いったい何歳まで生きるのかもわかりませんが
彼の残したメッセージを胸に歩んでゆきたいと思っています
スポンサーサイト





  1. 2005/12/08(木) 20:35:49|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<衰退 | ホーム | 防止に青く様(だってこう変換したんだもん)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/348-c65e615c