FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

興奮のカシオ終わる

平野の紅葉もようやく色づいてきました
momiji02.jpg
気がつけばもう12月もすぐそこ
忘年会の予定もあちこち入り始めました

今日は救急車に初めて搭乗しました
といっても、腰ひも屋がおかしくなって運ばれたわけではなく
もちろん同乗者として乗ったのですが

パトカーには交通違反で何度も乗ったことがあります
あれも気持ちの良いものではありませんが
救急車も決して気持ちのいい乗り心地ではありません
普段、模範ドライバーとして運転する者にとっては

ん?




すいません

模範ドライバーが何度もパトカーに乗りませんか

それはさておき、(さておくのかよ・・・)
止まっている車の間を結構な速度で走るのはスリル満点
終始ドキドキしながら前の景色を眺めていました
あれはあまり乗るもんじゃない…心臓に悪いわ
運ばれた人もたいした事ありませんでした
ご近所の皆様、大変お騒がせしました

カシオ・ワールドも無事終了
谷口徹が、初優勝を飾った(三菱ギャラン)土佐CCのすぐお隣
黒潮CCでも優勝を飾りました
taniguchi01.jpg
高知ではこれでツアー競技が3戦目の開催となりますが
谷口選手はこれで2勝目と、高知との相性の良さを見せつけましたね

今回の黒潮CCのグリーンは本当に選手泣かせ
どのプロも1.5m~2mくらいのパットをことごとくはずし
首をかしげている姿が印象的でした
そういう自分も、今まで黒潮CCのグリーンには泣かされてきましたが
そこで「はっ」と気が付いたことが・・・

昨年の日本プロは「暖流-太平洋」で行われました
この2コースは高麗からベントへのグリーン張替えが同時でしたが
黒潮コースのグリーンは別途に行われたはずです
しかもどっちがどっちか忘れましたが
片方はオーバーシード 片方は全面張替えだったような・・・
「旧黒潮-太平洋」で行われた今回のカシオは
いうなればアウトとインでグリーンの歴史がまったく別物
それがプロを悩ませる要因になったのではないかと推測します

オーバーシードしたほうでは無論、意識せざるを得ない海への「順目」
片方ではそれほどでもないとなれば、やってる本人は戸惑うでしょうね
それにしてもVISA太平洋から始まったインターナショナル3連戦
どのグリーンも個性的で、早さもインターナショナルクラス
順応することができる選手が栄冠を勝ち取ったのでしょう

さて先日から注目していたシード権争い
シード権外から食い込んでくる選手がいない結果となり
高島プロは見事?ビリ3でシード権を確保しました
しかし本当の戦いは来年のツアーでしょうね
試合には無条件で出られるものの、予選落ちばかりだと
収入がないのに経費ばかりかかってしまいます
うわさでは1試合に40~50万円かかる出場経費
下手をすれば大赤字で一年を終えなければなりません
それで消えていったプロは何百人といます
高島プロがどうかそうならないよう祈りながら
ミシェルが参戦し、世界が注目した高知での大イベントの
レポートを終えたいと思います

興奮が冷めぬうちに黒潮CCにも行きたいなあ
誰か段取りしておくれでないかい
スポンサーサイト





  1. 2005/11/27(日) 21:06:59|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<甘え、許すまじ | ホーム | 人気急降下>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/337-9fe34108