FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

社長像

最近とんとプロレスというものを見なくなりましたが
最近はまったくプロレスに関係のない芸能人まで参入してくる始末
foo.jpg
レイザーラモンHG(教育上よろしくないなあ^^;)やインリン様
果ては和泉元彌まで・・・なんでもありかい
国民的娯楽だった時代が懐かしいですなあ
ちなみに左上はレイザー・・・の素顔だそうです

京都へ行くたびに、よく考えさせられるのが「社長像」です
腰ひも屋の取引先は何社もありますが、その社長像といえばさまざま
売り上げや会社の大きさを問わず、十人十色の姿勢が見て取れます
バイヤーである我々に姿を見せることもなく、芸能人や政財界との交友に力を入れる社長もいれば
いつも玄関先で出迎えてくれ、靴までそろえてくれる社長さんもいます
見ていると、二世・三世社長はハイソに走る傾向がありますかね
対照的に創始者や先代さんは腰が低い
京都などの老舗の会社は世襲制が多いので、そういう傾向が顕著にあらわれます

リクルート調べによると、日本の社長さんの数は118万人以上
社長!といっても100人に一人くらいしかいないわけですが
会社組織にしていないところや医療法人の理事長・院長なども経営者として含めると
この数字が何倍にも膨れるでしょう
女性社長なども増えてきたそうですが、パーセンテージにすればたった5%
議員さんなどの進出割合に比べればまだまだといった感じです

遊び方もさまざまで、銀座でレースクィーンをはべらせ豪遊する社長もいれば
須崎の新町あたりで、園長・・・いや延長しようかどうか真剣に悩んでいる社長もいますし
「夜だけ社長」なんてのも出現したりします
この「社長」という響きはなんとも心地いいもので、
お店の女の子に「ねえ、社長~~♪」なんてねだられると余分なボトルを下ろしてしまったり
在店時間も長くなりがち・・・ついつい財布の紐も緩んでしまいます
ほんまに男って アホ です・・・・

社長の動向は、その会社が消費者をどう捉えているかのバロメーターでもあります
外貨をどかっと稼いでくるトヨタ自動車などは別格としても
歩く看板といっても過言ではありません
勘違いして、知らぬ人にまで偉そうにする社長もいますが言語道断
3大社長が偉大で大人気なのも、そういう行動をとらないことが秘訣なのでしょう

これで一杯おごってくれんかなぁ?
スポンサーサイト





  1. 2005/11/02(水) 16:25:32|
  2. プライベート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<中国美女 | ホーム | あと2ヶ月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/312-3b4d5efc