FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

大豊作というにはまだ早い

ワールドカップで勝利国を次々と的中させ
話題となったタコのパウルくんが天に召されたそうです
タコの寿命からいっても、順当な寿命だったのですが


これに対し「タコ野郎、お前が死んでうれしい」とツイートで喜んだのが
101027a.jpg

マラドーナ…………


だから君は「マラドーナ」なんでしょうね(^^;
きっと一生ずっとマラドーナのまんまでしょう
ある意味伝説?




さて明日、今年のプロ野球ドラフト会議が開かれます
今年は大学生に逸材ぞろいとの評判
20101027-00000024-maip-base-thum-000.jpg
特にピッチャーに人材が豊富です
中大の沢村を中心に、早大の3トリオ
現在楽天の田中と甲子園決勝を戦った
「ハンカチ王子」こと斉藤ももちろん目玉の一人
高校生はというと、これも投手陣に将来性のある選手が多い
成田の中川や東海大の一二三など、甲子園を沸かせたピッチャーがぞろぞろ
ただ、豊作と言うにはまだ早い


プロの世界は活躍してなんぼ
指名確実なこれらの中で、10年後に残っている選手は
はたして何人いることでしょう…?
まっこと厳しいのが勝負の世界です


豊作だったといわれるのは、後に活躍した選手が残ってから言われること
1968年のドラフトでは、
山本浩二、星野仙一、田淵幸一、有藤道世、山田久志、大島康徳、福本豊、長崎慶一、加藤秀司など
キラ星たる面子がこぞって指名され、その足跡を残しました
1989年も、野茂秀雄、佐々木主浩、小宮山悟、与田剛、潮崎哲也、古田敦也、石井浩郎、前田智徳、
そして新庄剛志など、のちに大豊作だったと言われた年
こうなると21年周期で、今年ももしかして当たり年か?


ともかく人一人の将来を決めるドラフト会議
江川事件や荒川事件、あるいは清原・桑田問題のような、
ブラックな出来事が起こらないことを祈ります


スポンサーサイト





  1. 2010/10/27(水) 22:05:32|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<抽選に次ぐ | ホーム | 無理難題>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/2142-4c5f762c