FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

意地のぶつかり合い

今朝未明のワールドカップ予選リーグ最終戦は
どの試合もドキドキの内容でした
国と国の代表が意地を賭けて臨む試合は、見ごたえ十分
20100624-00000000-maip-socc-view-000.jpg

中でもテレビ中継こそなかったものの、
アメリカのドノバンがロスタイムに決めた一発はまさに奇跡
これがスロベニアを奈落のそこに突き落としました
アメリカは予選通過を果たし、グループ1位をゲット
スロベニアはイングランドのゴールに後一歩まで迫りました
アメリカが引き分ければ、グループ2位で通過するはずでしたが…
運がなかったとしか言い様がありません


これで決勝トーナメント1回戦で
イングランド-ドイツという屈指のカードが実現しました
これも見逃せませんなあ~~
寝不足の日はまだまだ続きそうです



さて開催中のウインブルドンテニスでも
ものすごい意地と意地のぶつかり合い
20100624-00000007-reu_k-spo-view-000.jpg

男子シングルスの1回戦で、イスナー(米)とマユ(仏)の試合時間は
なんと10時間を超え…未だ決着が付いておりません(^^;
第5セットは、なんと59-59のまま二日連続の日没
これ、ポイント数ではなくゲーム数
1セットは最小6ゲーム先取で決着が付きますから
(普通は6-4とか、6-3とか)
想像を絶する、ありえん数字です


ウインブルドンでは、最終セットではタイブレーク制がなく
12ゲームを超えれば、相手に2ゲーム以上差を付けるまで延々と試合は続きます
それでも普通は12-10くらいで決着が付くものですが
もう最終セットだけで59×2=118ゲームを消化
二人とも当然のようにヘトヘトですな
この異様なまでのゲーム数
どこまで行くことやら…?


頑張っておくれやす

スポンサーサイト





  1. 2010/06/24(木) 22:18:21|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<胸張って | ホーム | 誰よりも>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/2017-9f7dfed5