FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

東北勢の長い春

センバツ高校野球もベスト4が出揃いました
東北勢が2校残るなど、ひと昔では考えられませんでしたが
それだけ全国のレベルが均一化したのかもしれませんな


今大会はピッチャーにひときわいい素材が目立ちます
ベスト4に残った中でも、無失点続きのピッチャーが二人もいます
花巻東の菊池と
20090330-00000510-sanspo-base-view-000.jpg

清峰の今村は未だ無失点
彼に投げ負けはしましたが、福知山の長岡もすごいピッチャーでしたし
PL学園の中野も2回戦で敗退こそすれ、
9回ノーヒットの記録的ピッチング



春は投手力とよく言われますが
金属バットの導入以来、高校野球も打高投低の傾向が続きました
しかし近年、あえて投手力を中心とした守りのチーム作りが
また注目を浴びるようになってきました
選手が自分で考えて動けるチームこそが、
実は高校野球の理想かもしれませんね




意外なことに、センバツは始まって以来、西高東低の傾向が長く続き
優勝旗が箱根の山を初めて越えたのは
29回大会の王貞治率いる早稲田実業が初
(決勝の相手は高知商業)
そして未だに優勝校の北端は、47年も前の栃木・作新学院です
(その年、作新は初の春夏連覇も達成しています)



残った4チームのうち、東北勢同士は準決勝で当たります
ということは、東北勢の決勝進出が確実
北海道は駒大苫小牧が悲願の夏の選手権優勝を成し遂げましたが
東北・北陸勢は未だセンバツ・選手権ともに優勝なし
はたしてどちらかが優勝して、歴史的快挙がなるのか?
決勝から目が離せません


スポンサーサイト





  1. 2009/03/31(火) 22:50:27|
  2. My favorites|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<結末は果たして? | ホーム | カリスマ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/1563-7a761459