FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

悲哀好きがもたらすもの

今年もたくさんの方から年賀状が届きました
中には「BLOG見てますよ~」という
励ましのお言葉が入ったものも数通
うれしいですね~
頑張らなくっちゃ!という気分になります


お正月の一大イベントといえば
「箱根駅伝」がすっかりおなじみとなりました
大学生が学校対抗で東京―箱根間を往復するこの大会
最近ではテレビ中継も本格化し
世間をにぎわせる盛り上がりを見せています
今日行われた往路では
早稲田が久しぶりの優勝

20080103122825.jpg



実はこの大会、
「関東大学対抗駅伝競争」なの知ってました?
つまり関東地区以外の大学は、出場が不可
そのために全日本大学駅伝大会もありますが
ここ何年も、5位以内は全て関東の大学が占めています
つまりもって、箱根駅伝が最強決定戦の意味合いを持つんですね


ただ心配なのが、今日も順天堂大学が5区で起こした
「棄権」
長い歴史を持つ箱根駅伝ですが
1970年代までは、50年以上の歴史の中で
たった3回しかなかった棄権
それがここ13年間で、6回も起こる事態となっています


子供の体力低下が顕著になってきた昨今
陸上競技での、小中高生の故障が多いとも伝え聞きます
そういう意味でも、コンディション作りが大切な時代
美談や悲哀好きの日本人にとって、
箱根駅伝などでも、つい「涙の棄権」に目がいきがちですが
その過剰な無理を「美談」と捉える傾向はとても危険です



学生の競技で一番大切なことは、怪我のないこと
来年以降、棄権のない大会作りに向け
学校関係者、大会運営者にお願いしたく存じます



スポンサーサイト





  1. 2008/01/02(水) 20:40:19|
  2. なんとなく・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<早くも20年代 | ホーム | 今年もよろしく~♪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/1106-52f792a7