FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

京の花見紀行 エピローグ

今日はなんだか疲れからか、一日呆けております
昼間にK書店奥様が来店しておりまして
「いつも外食で美味しいもの食べていいなあ」と嫁に愚痴ってたそうですが
腰ひも屋もスポンサーあっての外食です
決していつも、美味しいものを食べているわけではありませんので

しかしながら、今回の京都ではちょっとばかりぜいたくを堪能してまいりました
京料理は素材を厳選し、かつ見た目の美しさも抜群
味もくせがなく、ダシの味を大事にした上品そのもの
これは1日目の昼食に頂いた、名づけて「きれいどころ」
rakusui.jpg

見事なまでに風情をかもし出したお重と、中身の彩りであります
この後にご飯・香の物・お吸い物が出てきまして、締めは

maccha.jpg

庭の桜の開花に合わせた桜色のお椀の抹茶、桜色の和菓子
これらを、庭の枝垂桜を眺めながら頂きます
おもてなしの心が随所ににじみ出る一品でありました

一昨日の日記は枝垂桜のアップしか写真に出しませんでした
そこで、その見事さをわかって頂きたく、桜の木全体を・・・

DSC03998.jpg

こんな見事な枝垂桜の木が何本も植わっているこの場所は
東山界隈・南禅寺あたり 知り合いの所有する別邸です
亭の名前は明かせませんが、名付け親は東郷平八郎元帥
道をはさんで向かいは野村財閥の別邸
左隣は細川元首相一族の別邸です

michi.jpg

残念ながら?前の道は市道になっておりまして、
最近では出入り時自由の観光コースになっちゃいました
おかげで最近、タクシーは通るわ観光客でごった返すわ・・・
ちょっと風情が半減した感もあります

晩にはライトアップされた枝垂桜の下、お能を観劇いたしました
nou.jpg

至極の贅沢であります
ちょっとばかり いやかなり寒かったですが・・・^^;
意味もさっぱりわからんし・・・
腰ひも屋にはちょっとばかりもったいない演出でした

先日行ったテーマパークめぐりなども、もちろんいいものですが
日々忙しい日常を過ごしているとつい忘れがちになることを
こういった場所ではゆっくりと思い起こさせてくれます
京都紀行シリーズも今日でおしまい
また9月にはこの場所にて紅葉見物をする予定です
今から楽しみだぁ・・・・

四季を大事にする京都の伝統と人々 そして、決してこの町を
破壊しようとしなかった戦勝国元帥の粋な計らいに感謝します
近隣諸国にも、この心の余裕を求めたいものですな
スポンサーサイト





  1. 2005/04/13(水) 22:51:39|
  2. 仕事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ネタがないときの夕食ネタ | ホーム | 京の花見紀行 その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/109-9c77440b