FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

京の花見紀行 その2

マスターズはタイガーの逃げ切り勝利となりました
月曜日の早い時間に京都へと出発でしたので、
残念ながらその勇姿は見られませんでした
勝ち方は決してかっこいいとはいえませんが
長い間、メジャー勝利から離れていたタイガー
これをきっかけにまたあの強さが戻ってくるでしょう

中国もなんだか不穏な空気を漂わせています
デモ隊の行動を警察は黙認するし、政府は日本に責任転嫁してくるし
プラカードを見ると、きれいに印刷されたものばかりで
政府主導で「一人では小心者・集まれば暴徒の大衆」を煽動し、
計画的にデモを行ったふしがアリアリです

腰ひも屋は「みんなでやれば怖くない」的行動が大嫌いであります
見るのもいやですし、ましてや参加するのも小恥ずかしい行動です
また、こそこそと影で操るような行動も嫌いですし
声を大にして正当性を訴える責任転嫁も大嫌い
ご近所に10年間大音量で音楽を流しつづけたおばさんのほうが、まだましであります



さてこちらはそんな俗世間の浮世を離れた京都紀行
昨夜は一昨日のゴルフの疲れも相まって、
ホテルでテレビつけたまま眠ってしまいましたが
桜乱れるいい夢を見させていただきました

2日目は残念ながら朝から雨模様
しかしまた、京都というところは雨なら雨の風情が楽しめる場所でもあります
まず向かったのは、有名な「仁和寺」
ninna01.jpg
修学旅行生も多数来ていました
ガイドさんとかがいないので、担任の先生に質問を浴びせては
先生がなけなしの知識を絞り出して答えていたのがおかしかったです
腰ひも屋も縁に腰をかけて、しばし・・・
ninna02.jpg
しかし悲しいかな、思い浮かぶのは仕事や家庭や・・・俗世間のことばかり
40にして惑わず・・・とはいかないようであります

次に向かったのは大徳寺
ここはお寺の団地のようなところで、大小24のお寺の集合体です
わが腰ひも屋の祖先?とされている石田三成公のお墓のあるお寺もあります
ishida.jpg
かなり怪しい系譜ではありますがね^^;

全部が全部公開されているわけでなく、各々入場料を取られちゃいますので
数を絞って、まず向かったのは「大仙院」
ここは本堂が「国宝」となっているありがた~~いお寺であります

写真撮影は禁止ですので写真はございませんが
本堂自体が国宝指定ですので、そこらじゅうお宝だらけ
縁側に座れば、国宝に腰掛けていることになりますし
触れそうなところにびっくりするようなものがたくさんあります
メインは千利休が太閤秀吉にお茶をたてたというお茶室でした
お坊さんはなんだかちょっと生臭っぽく、そのあたりが微妙・・・
若いお坊さんがそれは面白くお寺の説明をしてくれますが
最後に、昔はテレビにもレギュラー出演していたという口のうまい住職が
サイン入りの色紙?その他を販売しております
いやあ商魂たくましい・・・ 
腰ひも屋も見習わなければなりません

雨模様につき、昼食を取ったあと土産を買いこんで京都を後にしました
高速で一気に須崎まで帰れるとは、なんとも幸せな時代です
スポンサーサイト





  1. 2005/04/12(火) 23:54:43|
  2. 仕事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<京の花見紀行 エピローグ | ホーム | 京の花見紀行 その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/108-27df75c6