FC2ブログ

koshihimoya-weBLOG

入りたくない天国

やっといいますか、今日は半袖を諦め
この秋はじめて長袖に衣替え
腕だけと思いがちですが、保温効果はぜんぜん違いますね



MLBのアメリカンリーグ・チャンピオンシリーズ
レッドソックスはよもやの敗戦で
ついに1勝3敗と窮地に立たされちゃいました

20071017-00000018-jijp-spo-view-000.jpg

ベテランのナックルボーラー、ウェイク・フィールドもKOされ
もう3連勝するしかワールドシリーズへの道がなくなってしまいました
もし仮に2連勝できれば、最終戦には松坂が先発の可能性があります
何とかそこまで持っていってちょうだい!



さて表題の「入りたくない天国」とは・・・?

この不況の時代、日本にたしかに存在するのであります
しかも足を踏み入れようとすれば、実は誰でも入れる天国
何のことだと思いますか?
実は生活保護制度のこと
少々長いけど、皆さんにぜひ目を通して欲しい内容です



最近、近所に該当世帯が引っ越してまいりました
故、その生活がいやがおうにも目に入るようになり
それが意外にいい生活しておるから、どうも気になる


車こそなけれ、どこに行くにもタクシー三昧
(無料チケットが困らない程度配布されているらしいですが)
携帯で電話三昧、電気は付け放題、
炊事をしている様子は無く、まかないは全てコンビニの食料買出しで済ませ
夜中には夜食とばかり、毎日のように
モスバーガーでポテトとシェイクを買っている様子
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジにいたるまで新規購入
その上、この少子化時代に反比例するかのように
毎年のように子供を産み増やしております



ああ書き切れんその生活様子…
腰ひも屋の持っていた「生活保護」のイメージとは
あまりにかけ離れたその実態
興味も手伝って、ちょっと調べてみました
すると驚くべき「現代の生活保護」が明らかに…



現在、生活保護を受けている世帯数は
日本国内で約100万世帯
人数にすれば140万人強
がその恩恵を受けています
世帯割りだと一軒あたり20万円
人数割りだと一人当たり平均14万円が月額支給されております
日本国内で合わせてその負担総額、年2兆5千億円



具体的な一例を挙げますと、
高知市あたりで一家4人(30代夫婦+中学生+幼児)だと
平均で月24万円ほどが支給されます
立派に普通の水準以上の生活できますよね



平均すると生活保護は基礎年金の倍以上が支給され、
最低賃金で働くフルタイム労働者の賃金より高い
医療費はタダ、安い公団住宅なんかにも最優先で入れる自治体もあるそうです
当たり前のようですが、年金と違って掛け金など必要なし
ここが天国といわれる所以


さらに恩恵はとどまらず、


1 医療費がタダな上、処方箋で出た薬は全てタダ
2 光水熱費は別途、ほぼ全額支給
3 子供がいれば、その養育費や学校給食費用は全て支給
4 家屋の維持費が年間12万円~18万円支給される
5 不幸を出せば葬式代として17万5千円支給
6 布団を買えば約2万円支給
7 服を買っても月額1万3千円まで支給
8 子供を妊娠すれば、入院費等の医療費はもちろんタダの上、月額1万円以上支給
9 子供が生まれれば、紙おむつ代月額2万5千円!支給
10 さらに新生児衣料代、月額4万5千円支給
11 小学校入学を控えれば、入学準備金約4万円支給
12 母子家庭なら児童一人に月額2万円以上の補助
13 家具類購入を月額2万5千円以内支給
14 寒い地域だと暖房代まで支給される


などなど
調べれば調べるほどでてくる
自治体によって差はありますが、ほぼこういった内容
まさに至れり尽くせりの生活保護天国♪であります



なんだか書いていてどんどんいやになってきますが(^^;
最低賃金労働者よりいい収入の上に、この優遇では
生活保護から脱却するのは馬鹿をみるようなもの
現に大阪府では、生活保護世帯が普通の生活に脱却した割合
1年でたったの0.1%だったそうで
そりゃそうだろ



笑い話にもなりませんが、ある人がスーパーで買い物をしていて
「今月は苦しいので、今日は鶏肉で我慢しよう」と
精肉コーナーへ行ったところ
近所の生活保護世帯がちょうど買い物をしているのが目に入り
籠の中には「黒毛和牛」が入っていたとか…
しゃれにもならん



極端な例、刑務に服する受刑者を養う額はこの1/10でまかなえるそうで
この負担額を減らすためには、ある程度
現物支給にするのもひとつのアイデアだと思えます
昔は支給に厳しかったお役所でしたが
最近は庶民に近づいてきた公務員の風潮もあり
自分の懐がいたむわけじゃなく、申請されるがままの垂れ流し状態です



もちろんどうしても一時的な支援を必要とし、
社会復帰に向け頑張っている保護世帯も存在し
制度自体の存続はもちろん必要だと思われます

しかし基本的な問題は近所の世帯のように
「人目など気にせず、もらえるものは貰って、悠々自適でかまわない」
こういう開き直り世帯が多いことです
端から仕事などする気はさらさらなし
こういうのを目の当たりにして仕事していると
自分の稼ぎをとっていかれるような気がして
なんだか嫌気もさしてまいりますが(T_T)


逆に言えば「ああはなりたくないな」の見本
入りたくない天国でもあります
みなさん、頑張ってお仕事しましょうね♪
日本では働く社会人一人当たり、年間4万円以上のお金が
生活保護者への支給にかかるんですから・・・・・・・・・・・・・



スポンサーサイト





  1. 2007/10/17(水) 23:12:10|
  2. 辛口コラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<救世主と? | ホーム | エラー直後の明暗>>

コメント

まったく

書いていても腹立ちますが
読んでても腹立つでしょう(^^;
制度の積極利用を呼びかけているアホな学者さんもいるようですが
みんなが利用すれば制度自体が破綻することは明白
どうにかしなきゃ、日本経済の未来は真っ暗ですな
  1. 2007/10/19(金) 13:24:18 |
  2. URL |
  3. 腰ひも屋 #8.HAbWks
  4. [ 編集]

はじめまして。

こんな日本に生まれてきて良かったね、生活保護受給者さん。
羨ましいかぎりですなぁ。
読めば読むほどこのブログに腹立つわけでありまして(笑)

で、明日あたりに市役所へ行けばいいんですよね?
  1. 2007/10/18(木) 16:31:00 |
  2. URL |
  3. デンジャラス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koshihimo21.blog2.fc2.com/tb.php/1029-0c1484ab